「皮ごと発酵玉ネギ」体験談1

@皮ごと発酵玉ネギで夫婦とも糖尿病脱出!血糖値350が120に下降して口渇、しびれ、こむら返り消失、痛風も退治!
A血糖値500の危機を脱出!ヘモグロビンA1cも着実好転し、皮ごと発酵玉ネギで人生に自信!


■体験談@糖尿病のショックを吹き飛ばす順調回復

大阪府 奈美悦子さん(仮名・65歳)

左足が付け根からカチカチになり、ふくらはぎを切り裂くようなこむら返りに毎日見舞われる。 そんな異変に悩まされていた2006年、病院の血液検査で糖尿病を告げられました。 血糖値が350もあると聞いたときは、胸をえぐられるような大ショック。 医師には即入院を勧められましたが、それは決断ができませんでした。 私は『夢香』(アクセセンタテイメント所属)という芸名で歌手活動をしており、テレビ、ラジオ、イベントなどの出演を 急にキャンセルはできないからです。仕事をこなしつつ、自力で糖尿病を解放に向かわせる手立てを思案した私が手に取ったのが、 『皮ごと発酵玉ネギ』でした。血液を浄化することが健康に一番と、皮ごと発酵玉ネギを毎日飲んで、 まず実感したのは、体が軽く、足の運びが楽になってきたことです。 気が付くと、左ひざの痛みと腫れも消え去り、正座をするのも苦ではない。 心臓の真裏にあたる背中の痛みまで起きなくなり、血液の濁り・よどみが解消されたと実感しました。 事実、皮ごと玉ネギを飲んで以降、入院や薬の服用なしでも血糖値は順調に下降を開始。 昨年11月の血糖値は120、ヘモグロビンA1c5.8でVサインの好結果でした。

こむら返りの激痛、手足までしびれる不整脈など、青息吐息になる体調不良とも今や無縁となしました。 舞台の上から、お客様に最高の声をお届けできることが何よりの幸せです。 きれいな血液を体にめぐらせる皮ごと発酵玉ネギは、私にはますます手離せず、家族や友人にもこれは一級品! とたびたび教えてあげているところです。


●ヘモグロビンA1c6台!足指痛と変色が消失!

そして実際に、私の夫も皮ごと発酵玉ネギのおかげで、糖尿病の危機から無事救われることとなったのです。 今から半年前、病院の検査結果を見た夫は「あーっ!」と思わず声を上げるほど驚きました。 持病の痛風が9以上に悪化しているうえ、血糖値まで216台に上昇していたのです。 その頃の夫は右足の親指がひどく痛んで爪も変色し、足を引きずって歩いていました。 「痛風の発作が出たか」と覚悟はしていたようですが、まさか糖尿病も加わっていたとは。 足指の痛みと一緒に悩まされていた喉の渇きや、右の手のひらのピリピリするしびれは、 糖尿病が原因だったのだと夫婦で顔を見合わせました。そこで私はすかさず皮ごと発酵玉ネギを夫に勧めました。 私の体験からもその実力は裏付けられていますし、夫も朝晩に欠かさず飲むようにしたのです。 ほどなくして夫が話してくれたのは、足指の痛みが消えて、しかも体が軽快に感じられること。 それこそ、何時間でも歩いていられるほどの軽やかさなのです。

そして三か月後の再検査を迎えて、夫婦でまたもや驚かされたのですが、それは前回とは真逆の意味でした。 夫の血糖値が98、ヘモグロビンA1cが5台へと大幅に改善していたのです。 この時同時に尿酸値も6.8の基準値内に収まっており、痛風から脱出できたことが明白でした。 血糖値も尿酸値も私と同じく薬は使わず、皮ごと発酵玉ネギをひたすら飲むだけで、夫は申し分のない成果を獲得。 高血糖の仕業である喉の渇き、手のひらのしびれ、夜の頻尿も消失しました。 夫婦揃って健康の危機から救われて、皮ごと発酵玉ネギにはつくづく感謝するほかはありません。 糖尿病、痛風とずっと縁を切ったままでいるためにも、ますます頼りにしようという心境です。


■「ご自分が主治医だ」と医師も満点の評価

岡山県在住 宮沢理恵さん(仮名・60歳)

血糖値が500超だと驚きの診断をされたのは、一昨年の健康診断のこと。 ヘモグロビンA1cが12を上回っており、即入院が決定しました。 食事療法のコツを指導されて、退院後もそのいいつけを自分なりに守りましたが、数値の改善は芳しくありません。 医師には「インスリン注射をした方がいいか」といわれましたが、すぐには「はい」といえません。 けれども、合併症で目が見えなくなったり、人工透析になるのは恐ろしい。 思い悩むばかりだった時に、雑誌の記事で「皮ごと発酵玉ネギ」のことを知ったのです。 正直なところ、本当にこれにすがれば間違いがないのか、半信半疑でもあったのです。 けれども、実際に皮ごと発酵玉ネギを飲み始めると、そんな私の気持ちは見事に覆りました。 というのも、ヘモグロビンA1cがまず1ヶ月目に9に下降。さらに2ヶ月目には7、3ヶ月目には6と、 検査のたびに確実に減っていったのです。

この時には血糖値も120に大幅に改善しており、まさか皮ごと発酵玉ネギの実力がこれほどとは予想以上でした。 検査データを吟味した医師からも「糖尿病は自分が主治医にならないとダメですが、山本さんはよく頑張りましたね」 と満点評価のお言葉です。皮ごと発酵玉ネギを飲みだしてから、糖尿病が快方に向かったのは歴然で、 糖尿病は自力で吹き飛ばせるんだ!とこれからの人生に向けて大きな自信になりました。 食事療法も以前よりはゆるめても大丈夫です。 同時に、せっかくここまで軽快したのだから、元に戻ったらすべては台無しと考え、ますます皮ごと発酵玉ネギは手放せない 時を引き締めています。