高血糖・糖尿病の予防・改善に『濃縮タマネギ』@

濃縮タマネギ』は、血糖値が穏やかに下がって安定し、血糖降下薬が手離せる人が続出しています。



■「濃縮タマネギ」

試験では8割超の患者さんに有効

タマネギには、血糖値の改善に効果を発揮するイオウ化合物(揮発成分)、抗酸化物質のケルセチンや、 亜鉛・マグネシウムといったミネラル(無機栄養素)、食物繊維、ビタミン類が豊富に含まれています。 1日当たりタマネギ50g(1/4個分に相当)程度を食べるだけで、血糖値の上昇が抑えられることが世界各国の研究などからも 明らかになっているのです。高血糖や糖尿病と診断されている人は、積極的にタマネギを摂るようにしてください。

そこでお勧めしたいのが『濃縮タマネギ』。 これは、天然のタマネギの成分を丸ごと粒食品した健康補助食品です。 実際に私は、濃縮タマネギを使った試験を行い、糖尿病に対する改善作用を確かめています。
この試験では、糖尿病の患者さん22人に濃縮タマネギ(生タマネギ約40gに相当)を20週にわたって摂ってもらいました。 そして、試験前と試験開始から4週間ごとに、食後2時間血糖値(基準値は140ミリグラム未満、200ミリグラム以上で糖尿病)と ヘモグロビンA1c(新基準値では6.5%以上で糖尿病)を測り、その変化を調べたのです。



▼血糖値の低下率
まず、血糖値の低下率についてですが、大きく下がった人(50%以上の低下)が7人、下がった人(20〜49%の低下)が11人、 やや下がった人(10〜19%の低下)が1人、下がらなかった人(9%以下の低下)が3人でした。 よって、22人中19人(86.4%)が下がったことになります。 食後血糖値は、試験開始時の平均300ミリグラムから、16以降では平均で200ミリグラム以下まで低下しています。

▼ヘモグロビンA1cの低下率
ヘモグロビンA1cの低下率については大きく下がった人(25%以下の低下)が5人、下がった人(10〜24%の低下)が7人、 やや下がった人(5〜9%の低下)が4人、下がらなかった人(4%以下の低下)が6人でした。 つまり、22人中16人(72.7%)が下がったことになります。 ヘモグロビンA1cの平均は、試験前でおよそ8%でしたが、12週間後には7%以下に下がり安定しました。

特筆すべきは、試験後に6人(27.3%)が血糖降下薬を使う必要がなくなったことでしょう。 また、22人の参加者全てに低血糖などの副作用は見られませんでした。 糖尿病の人や血糖値が高めで気になる人は、ぜひ濃縮タマネギを試してください。