沖縄眠り草

現代はストレス社会と言われ、不眠に悩む人が増えています。 しかし、対策がわからずに不眠を放置している人が多いのではないでしょうか。 不眠を放置すれば、血圧や血糖値が上がる、免疫力が低下するなど、健康に悪影響を与えます。 また、薬を使用することもありますが、中には副作用や習慣性の強いものもあるので、積極的には勧められません。 何か、不眠を解消するいい方法はないのでしょうか。実はあります。 それはユリ科の多年草である『沖縄眠り草』です。 沖縄眠り草は、正式名称を「アキノワスレグサ」といいます。 沖縄では、古くから不眠やイライラの解消に役立つ薬草として重宝され、 「クワン草」「ニーブイ草(眠くなる草)」 とも呼ばれるそうです。 主に生の葉を豚肉とともに煮たり、おひたしや炒め物にしたりして食べられています。
(スマホの場合、本文は下の方にあります)