『黒豆酢』体験談1

体験談@黒豆酢を10粒食べたら、よく朝に血糖値が急下降!猛烈なだるさ、口渇も消失!
体験談A黒豆酢を1ヶ月食べたら、血糖値190が110に下降!コレステロール300も大改善!
体験談B血糖値400超で失神した糖尿病から黒豆酢で生還!尿の泡と濁りもなく活力復活!


■体験談@イカゲソ揚げを禁じても効果なし

東京都 石原慎太郎さん(仮名・67歳)

私が糖尿病の崖っぷちに足を踏み入れたのは、今から10年ほど前のこと。 土建業という仕事柄、一日たっぷりと体を動かして汗をかいた後は、ビールがとてもうまいものです。 イカゲソなど好物の揚げ物のつまみにも、どんどん手が伸びます。 そんな生活を続けているうちに、食後、異常にのどが渇くようになったのです。 しかも、朝起きると、体が重くて仕方がない。疲れがたまっているという感じではなく、力が湧きません。 布団から起き上がるのもしんどく、足がだるくて歩くのが苦痛でした。 「これはおかしい」と病院に行ったら、空腹時血糖値が250もあって、たちどころに糖尿病と宣告されました。 「このままじゃ死にますよ」と医者に言われたときは、さすがにゾクッとしたものです。

それからは、血糖値を下げるための悪戦苦闘の毎日が続きました。 ビールには口をつけず、焼酎をチョッピリ。揚げ物などは厳禁と決意して、薬ももちろん欠かさず飲む。 けれども、思うように血糖値は下がってくれず、少し油断すると、即座に跳ね上がります。
途方に暮れ始めた頃、女房が黒豆酢の話をどこかから仕入れてきました。 でも、酢に漬けた黒豆で、薬でも下がらない血糖値がどう変わるというのか。 正直、半信半疑でしたが、何日か前から作っていたというし、ひとまずは食べてみたのです。

●突然の大改善に「機械の間違いか?」

そして、初めて黒豆酢を食べた翌朝のことです。家庭用の測定器で、朝食前の血糖値を測ってみたところ、出てきた数値をみて、 「おい本当か、これ!?」と叫んでしまったのです。 これまではずっと230前後だったのが、170台までストーンと下がっており、機械の間違いかと思いました。 この一日だけで、黒豆酢がよかったと信じることはさすがにできません。 とにかくその日の晩も、前日と同じく10粒食べてみました。 そうしたら、よく朝の血糖値は150。一週間後には、130まで下がっていました。 食後血糖値も以前は400前後だったのが、190台まで大幅に下降。 本当に、あれよあれよという感じでした。

●イライラ知らずで、甘いコーヒーも無用

そのうちに、体調面でも明らかに変わってきました。糖尿病から脱出しつつあるぞと思うようになりました。 以前のようなだるさは覚えず、一日の仕事が終わった時の疲れも、ぐっと軽くて、足が楽になりました。 のどの渇きも治まり、これは実は周りの人間から言われて気付いたのですが、 血糖値が高かったころの私はとにかくイライラしていました。 些細なことで口調が粗くなるのを抑えられず、そんな時は、コーヒーに砂糖を入れて飲むと落ち着いたのです。 医者によれば糖尿病は一生の付き合いで、油断をすれば血糖値がまた跳ね上がるといいます。 だから、酒や食事面の注意と共に、黒豆酢も毎日欠かさず食べるつもりです。 妻のおかげでギリギリのところで黒豆酢と出会えた私は、本当にラッキーでした。



■体験談A肝臓の治療の代わりに血糖値が上昇

東京都 高橋恵子さん(仮名・60歳)

私はもう10年ぐらい前に糖尿病と診断されました。何とかしたい一心で、食事療法で1年ぐらいしてやっと120で落ち着いてきたころ、 胃にこれまで覚えのない痛みを感じるようになりました。近くの医院で診てもらうと胃潰瘍と診断され、注射を打たれました。 これを20回続ける必要があるということです。ところが、十数本打ったところで肝臓の検査をされ、 肝機能を見るための標準値が30くらいのものが、1600にもなっていました。 病院の先生の話では、旧式の胃潰瘍の治療薬を使ったためにでた副作用でした。 私はその場で入院することになりました。もう副作用はまっぴらだったので、薬を使わずに、自然に薬の毒が抜けるのを、 ただ入院して待つことにしました。完全によくなるまで約1ヶ月がかかりました。 入院中は、肝臓に力をつけるためにご飯をしっかり食べるように指示され、私が「糖尿病なんですが・・・・・」というと、 「肝臓の方が怖いから糖尿の心配はその後で」と言われてしまいました。 おかげで、退院時には血糖値がまた190台まで上がってしまいました。

●たったの1ヶ月で110まで下がった

そんなわけで困っていた時、黒豆酢を知ったのです。私は早速試してみました。 自分流にひと工夫して、酢は黒酢を使って、ダイエットシュガーやハチミツなどをかけて、朝昼晩と食べました。 そして1ヶ月ほど経ってから検査を受けると、なんと110くらいまで下がっていたのです。私も先生も驚いてしまいました。 それに私はもともとコレステロールが高くて、多いときは総コレステロールが300近くあったのですが、 これも正常値まで落ちていました。 それからは回数を1日1回にし、昼食前に黒豆酢を食べるようにしました。 食前に食べるのは、ご飯の量を少しでも減らすためです。 でも、血糖値がまた上がると恐いので、検査だけは定期的に受けています。 その回数も、月に1回から2ヶ月に1回でいいようになり、その後も血糖値は上がっていません。

黒豆は一週間漬けなければいけないのですが、うっかり切らしてしまうこともあり、まだ三日くらいしか経っていないのを 食べることもあります。これはなんだか青臭くて、食べづらいです。 そんなふうに、ずいぶん手抜きにはなってきましたが、それでも私が健康になれたのは黒豆酢のおかげであるのは 間違いのないことですね。



■体験談B高血糖のあげく脂汗が出て視界が真っ白に

東京都 羽生善治さん(仮名・57歳)

私の糖尿病歴は、数えてみると、もう22年になります。夏の暑い日に車を運転しているさなか、いきなり気分が悪くなって、 「ウワッ、なんだ、どうしたんだ!」と思っていると、脂汗がだらだら出てきて、目の前が真っ白になってしまったんです。 血糖値が高くなり過ぎたあげくの、昏倒という失神状態だったようです。 その頃の私は焼き肉店を経営してまして、商売も熱心にやりましたが、自分で食べたり、飲んだりするのも大好きでした。 ビールなら1度に12本、ウィスキーならボトル1本。食事も焼肉をおかずに1回に2人前くらい、1日5回は食べてました。 そんな生活がたたって、糖尿病になったんです。 倒れた後は1〜2週間入院し、400強の血糖値を、食事療法や薬で200台に落としました。 そうなるとつい、「少しだけなら・・・・・」とまた毎日酒を飲むように。 すると、やはり具合が悪くなり、尿が濁り、便器の中が泡立って、体もだるくなります。

●2日で血糖値がスッと下がりこれはすごい!

糖尿病の再度の悪化に困り果てていたところ、妻が「お父さんによさそうだから」と、 雑誌で仕入れた知識で黒豆酢を作ってくれたんです。「そんないいものなら」と毎晩10粒ほど食べてみました。 すると、256あった空腹時の血糖値が、2日くらいで40近くスッと落ちたんです。 「こりぁあすごい!」とびっくりした私は、その気になって毎日食べ続けました。 すると、1週間後には血糖値が200を切り、2週間経ったところで170近くまで落ちたのです。 これは驚きです。酢に漬けた黒豆を食べるだけで、血糖値がこれほど落ちるとは想像以上で、 しかも毎日続けるのにもまるで苦労がありません。 おかげで、便通もとてもよくなって、このところずっと、体調がすごくいいです。 尿の濁りも泡立ちも消えて、最近は倦怠感もなく活力が充実。糖尿病をまさに脱出しつつあることを体で実感しています。