『黒豆酢』体験談1

体験談@黒豆酢を10粒食べたら、よく朝に血糖値が急下降!猛烈なだるさ、口渇も消失!


■体験談@イカゲソ揚げを禁じても効果なし

東京都 石原慎太郎さん(仮名・67歳)

私が糖尿病の崖っぷちに足を踏み入れたのは、今から10年ほど前のこと。 土建業という仕事柄、一日たっぷりと体を動かして汗をかいた後は、ビールがとてもうまいものです。 イカゲソなど好物の揚げ物のつまみにも、どんどん手が伸びます。 そんな生活を続けているうちに、食後、異常にのどが渇くようになったのです。 しかも、朝起きると、体が重くて仕方がない。疲れがたまっているという感じではなく、力が湧きません。 布団から起き上がるのもしんどく、足がだるくて歩くのが苦痛でした。 「これはおかしい」と病院に行ったら、空腹時血糖値が250もあって、たちどころに糖尿病と宣告されました。 「このままじゃ死にますよ」と医者に言われたときは、さすがにゾクッとしたものです。

それからは、血糖値を下げるための悪戦苦闘の毎日が続きました。 ビールには口をつけず、焼酎をチョッピリ。揚げ物などは厳禁と決意して、薬ももちろん欠かさず飲む。 けれども、思うように血糖値は下がってくれず、少し油断すると、即座に跳ね上がります。
途方に暮れ始めた頃、女房が黒豆酢の話をどこかから仕入れてきました。 でも、酢に漬けた黒豆で、薬でも下がらない血糖値がどう変わるというのか。 正直、半信半疑でしたが、何日か前から作っていたというし、ひとまずは食べてみたのです。


●突然の大改善に「機械の間違いか?」

そして、初めて黒豆酢を食べた翌朝のことです。家庭用の測定器で、朝食前の血糖値を測ってみたところ、出てきた数値をみて、 「おい本当か、これ!?」と叫んでしまったのです。 これまではずっと230前後だったのが、170台までストーンと下がっており、機械の間違いかと思いました。 この一日だけで、黒豆酢がよかったと信じることはさすがにできません。 とにかくその日の晩も、前日と同じく10粒食べてみました。 そうしたら、よく朝の血糖値は150。一週間後には、130まで下がっていました。 食後血糖値も以前は400前後だったのが、190台まで大幅に下降。 本当に、あれよあれよという感じでした。

●イライラ知らずで、甘いコーヒーも無用

そのうちに、体調面でも明らかに変わってきました。糖尿病から脱出しつつあるぞと思うようになりました。 以前のようなだるさは覚えず、一日の仕事が終わった時の疲れも、ぐっと軽くて、足が楽になりました。 のどの渇きも治まり、これは実は周りの人間から言われて気付いたのですが、 血糖値が高かったころの私はとにかくイライラしていました。 些細なことで口調が粗くなるのを抑えられず、そんな時は、コーヒーに砂糖を入れて飲むと落ち着いたのです。 医者によれば糖尿病は一生の付き合いで、油断をすれば血糖値がまた跳ね上がるといいます。 だから、酒や食事面の注意と共に、黒豆酢も毎日欠かさず食べるつもりです。 妻のおかげでギリギリのところで黒豆酢と出会えた私は、本当にラッキーでした。