高血糖対策・糖尿病予防に「紅茶」

紅茶』は、血管の酸化を防いだり血糖値の上昇を防いだりすることから、 糖尿病の予防と改善の妙薬として注目されています。 紅茶に含まれている「カテキン」には糖の吸収を緩やかにして、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあり、 「テアフラビン・テアルビジン」には、体内でインスリンと似た働きをして、その作用を助ける働きがあります。 また、テアフラビンやテアルビジンには、他にも血栓の生成を抑え、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ働きもあります。


■紅茶の薬効

欧州では「万病に効く神秘薬」と珍重された

『紅茶』は、緑茶と同じようにツバキ科の茶葉から作られています。 緑茶が茶葉を蒸して作られているのに対し、紅茶は茶葉を完全に発酵させて作られています。 紅茶の独特の色や風味は、この発酵の過程で得られます。 こうした紅茶は、ヨーロッパでは「万病に効く神秘薬」として王侯貴族に珍重されていました。 そして近年、紅茶の研究が進んだ結果、紅茶にさまざまな薬効のあることが科学的にも裏付けられてきています。 紅茶の薬効の中でも注目されているのが、「糖尿病の予防効果」です。

糖尿病は、血液中のブドウ糖の量を調節するインスリンというホルモンの分泌が悪くなったり、 その働きが不十分になったりして、血糖値が慢性的に高くなる病気です。 日本では、この糖尿病患者やその予備軍の人が急激に増えていて、現在大きな問題になっているのです。 紅茶の糖尿病を防ぐ働きは、主に「カテキン」、または茶葉を発酵する過程でカテキンが変化して作られる 「テアフラビン・テアルビジン」という紅茶特有のポリフェノールによってもたらされます。 そもそも、カテキンには糖の吸収を緩やかにして、食後の血糖値の上昇を抑える働きのあることが知られています。 そして、最近ではイギリスのダンディー大学神経科学研究所のグラハム・レナ博士らの研究によって、 テアフラビンとテアルビジンには体内でインスリンと似た働きをして、その作用を助けるという報告もなされています。

紅茶のテアフラビンやテアルビジンには、他にも血栓の生成を抑え、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ働きのあることが 実験で明らかにされています。米国のボストン大学の研究グループが行った実験では、狭心症や心筋梗塞の患者に 1日4杯の紅茶を1ヶ月にわたって飲んでもらったところ、血管が若々しくなって健康な人並みに血流のよくなったことが 報告されています。つまり、紅茶には糖尿病の発病も、その合併症である動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞を 防ぐ働きも備わっているのです。


■その他の有効成分

カフェインは糖尿病の危険因子の肥満も防ぐ

紅茶ポリフェノール以外にも、紅茶にはさまざまな有効成分が含まれています。 その中でも、特に注目したいのが「カフェイン」です。 カフェインには、心臓の働きを活発にして新陳代謝を促し、糖や脂肪の燃焼を高め、糖尿病の危険因子である 「肥満」を防ぐ効果が期待できるのです。ある研究グループが紅茶の肥満を予防する効果を証明する 次のような実験を行いました。その実験では、マウスをA群とB群の2つのグループに分け、A群のマウスには通常のえさと水、 B群には通常のえさと紅茶を与え、1年間飼育しました。 その結果、紅茶を与えたB群の方が、体重の増え方がA群に比べて2割も少なかったのです。 同時に脂肪の付き方を比較してみたところ、A群のマウスの肝臓周囲には脂肪がたくさん付着していましたが、 B群には全く認められませんでした。

カフェインのほかにも、疲労回復に役立つビタミンB群、抗酸化作用の強いビタミンE、血流を促すカロテンなどの ビタミン類が紅茶にはたっぷり含まれています。紅茶の糖尿病予防効果は、こうした有効成分が相乗的に働くことで 得られると考えられています。


■有効成分を効率的に摂取する紅茶の飲み方

有効成分を十分に抽出するには、3分は蒸らす

上記のように、紅茶にはカテキンやテアフラビン・テアルビジンといった紅茶ポリフェノール、カフェインなど、 実に多彩な有効成分が含まれています。こうした有効成分が相乗的に作用して、糖尿病の予防や改善に 役立つと考えられているのです。こうした紅茶の薬効を十分に引き出すためにも、それらの有効成分を 茶葉からたっぷり抽出したいものです。そのためには、まず、沸騰直後の湯を使うことが大切です。 茶葉の有効成分の抽出量は、湯の温度が高いほど多くなるからです。 次に、ティーポットやティーサーバーに湯を注いだら、茶葉を3〜4分蒸らすことも重要です。 3〜4分蒸らせば、茶葉からお湯に十分な量の有効成分が溶け出ます。 それ以上は、どんなに時間を置いても抽出されません。 こうして紅茶を入れれば、実に美味しく、しかも有効成分を効率よく抽出して飲むことができます。

●粉寒天を入れると薬効がアップ

また、紅茶の糖尿病を予防する効果を手軽に高めるなら「粉寒天」を加えることが有効です。 粉寒天は、成分のほとんどが水溶性の食物繊維です。水溶性の食物繊維は、腸に到達すると水分を吸収してカサが増え、 食べすぎを防ぐと同時に、糖や脂肪の吸収を遅らせることができます。 また、腸の蠕動運動を活発にして、肥満の大敵である便秘の解消にも効果を発揮します。 こうした粉寒天の働きが加わることで、紅茶の血糖値を下げる効果や肥満を防ぐ効果が一段と高まるのです。 なお、粉寒天入り紅茶は食前に飲むと、満腹感が得やすくなり、食べすぎが抑えられます。

●紅茶を入れるときの注意点

紅茶を入れたり飲んだりする上で、いくつか注意すべきことがあります。
第一に、紅茶を入れるときに鉄製のポットを使うのはやめてください。 なぜなら、鉄分と紅茶の有効成分が結合し、香りや色が損なわれるからです。 陶磁器か銀製のティーポットやガラス製のティーサーバーで入れるといいでしょう。 第二に、紅茶の効果を十分に引き出すには、ミルクを加えるのは避けてください。 ドイツの病院が発表した研究報告によれば、紅茶にミルクを入れて飲むと、ミルクに含まれる「カゼイン」という たんぱく質が紅茶のカテキンやテアフラビン・テアルビジンと結びついて、薬効が失われてしまうことがわかっています。 糖尿病予防のために紅茶を飲むなら、砂糖を加えることも避けたほうがいいでしょう。 こうしたことから、紅茶をふつうに飲むときはストレートかビタミンCの多いレモンやミカンの果汁を搾って 飲むようにしてください。飲む量は1日に3〜4杯です。


■関連項目