テンペ菌発酵茶【高血糖対策・糖尿病予防に】

テンペ菌発酵茶』は、血糖のコントロールを助け、血糖値、ヘモグロビンA1cを下げる糖尿病改善の特効茶です。 全身に合併症を招く糖尿病の自力改善策として「テンペ菌発酵の薬草茶」を飲用することは大いに有望と評価できます。 お茶を飲むという手軽さとともに、糖尿病の症状である喉の渇きを解消。 さらに食事時に飲むことで、食後血糖値の急上昇が抑えられるからです。


■日本は世界で9番目に糖尿病患者が多い国

わが国で糖尿病の治療を受けている人は約270万人を数えるといわれています(平成23年の患者調査)。 別の調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」も合わせると、国民の4人に1人以上、 約27%もいると推定されています(平成23年国民健康・栄養調査)。日本で「糖尿病は国民病」といわれる所以が、 これらの数値からもわかります。 一方、国外に目を向けてみても、危機的な状況は変わりません。国際糖尿病連合の2012年の発表によると、 世界の糖尿病人口は3億7100万人にも上ることが明らかになりました。 このうち1億8700万人は糖尿病と診断されず、治療を受けていないとされています。 ちなみに、世界の糖尿病人口ランキングを見ると、日本は第9位という結果が出ています。


■糖尿病を防ぐには血糖コントロールが必須

糖尿病で本当に怖いのは、「合併症」です。これは体内で過剰に増えた血糖が、血液をドロドロ状態にして、 血管にダメージを与えることで起こります。網膜症、腎症、神経障害は三大合併症としてい知られていますが、 全身に張り巡らされた血管が損傷を受けることで、動脈硬化、心臓病、脳卒中など命にかかわる重大疾患のリスクが高まるのです。 糖尿病患者やその予備軍の人は、血糖コントロールを行い、常に血糖値を安定させなくてはなりません。 それには、食事や運動を含む生活習慣全般の見直しが必須となってきます。 しかし、長年の生活を変えるのは容易でないばかりか、大きなストレスとなり、挫折してしまうケースも少なくありません。 そこで活用したいのが「糖尿病によいお茶」です。お茶を飲むだけなので、無理なく生活に取り入れることが できます。さらに、糖尿病は進行すると尿量が増え,体内の水分が不足して異常にのどが渇くので、 水分補給という意味でも効果的と言えます。数ある糖尿病に効くとされるお茶の中で推奨されるのが 『テンペ菌発酵茶』です。


■糖尿病を改善に導く「テンペ菌発酵茶」

発酵させた8種類の特効茶葉をブレンド、糖尿病を自宅で改善に導くNo.1専門茶

「テンペ菌発酵茶」には、血糖値を抑制する5つの茶葉と、血流を改善して血管を健やかに保つ3つの茶葉の計8種類が配合されています。 学会で発表され話題になった「テンペ菌発酵茶」の臨床データによると、血糖コントロールができていない糖尿病患者40人に 毎日「テンペ菌発酵茶」を飲用してもらい、4週間後に血糖値を調べました。 すると、平均して血糖値に低下が見られたのです。血糖値と共にヘモグロビンA1cの数値も改善を示していたことは、 驚きをもって評価されました。「テンペ菌発酵茶」の愛飲者からは、血糖値やヘモグロビンA1cが下がっただけでなく、 口の渇きや尿の匂い、体のだるさなど、糖尿病特有の症状が消えたという報告も数多く寄せられています


■テンペ菌の薬草茶

糖尿病、特にU型糖尿病は食べ過ぎや食事の偏りなど、長年の不摂生から起きる病気です。 長引くと、壊疽、失明、腎不全などの合併症を生じやすく、それを回避するには、血糖値を下げる食習慣の改善が不可欠。 その意味では、糖尿病とは”薬で治す病気ではない”のです。 糖尿病を自宅で改善に導くうえで、「糖尿病によいお茶」はうってつけで、お茶を飲むだけならだれもが毎日、手軽に実践できます。 そこで、飲用をお勧めできるお茶が現在評判を呼んでいる「テンペ菌発酵による薬草茶」です。 糖尿病を改善に導く本物のお茶として、テンペ菌発酵の薬草茶が評価できるのは、以下の三点の特徴を備えているからです。

●血糖安定に働く8種の茶葉

「テンペ菌発酵茶」は、旬の時期に収穫された栄養価の高い茶葉のみを厳選し、最大の効果を引き出す独自のバランスで ブレンドしています。ブドウ糖の体内への吸収を抑える作用に優れ、食後の血糖値の急上昇を抑えるギムネマ・シルベスタや 桑の葉、インスリンと似た働きをするヤーコン葉、インスリンの働きを助ける亜鉛を含む青銭柳、糖質の変化を抑えるグァバ葉 の5種類が、直接的に血糖値を下げる働きをします。それに加えて、血管強化作用のあるルチンを多く含むクコの葉、 血液をサラサラにする熊笹、血管壁の保護に役立つ柿の葉の3種類を配合。 実はこの3種類の茶葉が大きなポイントなのです。なぜそれが大きなポイントなのか。 高血糖の人の血液はドロドロしています。そのため、血流を改善して血管が受けるダメージを抑えなければ、 根本的な解決にならないからです。このように、8つの茶葉にはそれぞれに大切な役割があるのです。

▼ギムネマ・シルベスタ
ギムネマ・シルベスタの主成分、ギムネマ酸には、腸内の糖質の吸収を抑える働きがあります。 余分な糖質だけをカットし、低血糖になる心配もありません。

▼桑の葉
桑の葉には、血糖降下に働く独自成分、デオキシノジリマイシンが含まれています。 デンプンや砂糖などをブドウ糖に変える酵素の働きを抑えるので、ブドウ糖の生成が阻害され、糖の吸収が穏やかになります。

▼ヤーコン葉
ヤーコン葉の注目成分イヌリンは、インスリン量を増やし、体内での分泌も促します。 また、フラボノイドとセスキテルペンという成分には、血糖値や血圧を下げる効果があります。

▼青銭柳(せいせんりゅう)
青銭柳は、主成分の天然アスピリンが体内の余分な糖を溶かし、腸での吸収を抑制します。 インスリンの分泌も促し、高血糖の改善に作用します。

▼グァバ
葉に含まれるグァバ葉ポリフェノールと呼ばれる独自成分が、糖の吸収とブドウ糖の生成を抑制。 さらにタンニンとケルセチンが、血糖値の改善に相乗的な効果をもたらします。

▼クコの葉
クコの葉は、ビタミンCやビタミンB群、アミノ酸などを多く含有。 これらの成分が傷んだ血管を修復・強化して、血流を改善。 血管内部の糖をスムーズに排出してくれます。

▼熊笹
熊笹の主成分クロロフィルは、血管を太く丈夫に保って、血流を改善します。 ビタミン類やミネラル類も豊富に含んでいます。

▼柿の葉
柿の葉には、血管の保護に欠かせないビタミンCが、レモンや緑茶の20倍以上も含まれています。 血管を強化するケルセチンとルチンも豊富です。

以上のように、8種類の茶葉それぞれが優れた成分を含有していますが、それらが相乗効果を発揮し、 血糖値やヘモグロビンA1cを改善に導きます。 合併症のリスクや他の病気のリスクも下げるので、すぐに試してみることをお勧めします。

●テンペ菌発酵で吸収率上昇

インドネシアの発酵食品である「テンペ」の菌を使って茶葉を発酵させ、焙煎したのが「テンペ菌発酵茶」です。 テンペ菌で発酵させることによって、茶葉の有効成分の体内への吸収力が、発酵前よりアップします。 また、テンペ菌は発酵の過程で多種類のアミノ酸、ビタミン類を増加させるといわれています。 これらにより、血管を詰まらせる血の塊(血栓)を防ぐ効果が期待できます。

●高血糖の着実な改善データ

テンペ菌発酵の薬草茶の臨床テストでは、血糖値だけでなく、改善の難しいといわれるヘモグロビンA1cまでが着実に降下。 高血糖改善の確かな効能が、臨床の場でもデータで証明されています。 全国の愛飲者からも、薬草茶を1日1.5〜2g飲むことで、血糖値やヘモグロビンA1cが正常値に改善。 口の渇き、尿臭、だるさも一掃したという喜びの声が続々集まっているといいます。 検査データの改善はもちろん、自覚症状の軽減は、糖尿病が着実に回復していることの証です。 こうした反響からも、テンペ菌発酵の薬草茶は糖尿病を全快に導く特効茶であるといえます。

糖尿病患者やその予備軍の人たちは、血糖コントロールのために「食事を見直しましょう」「適度な運動を習慣にしましょう」 と指導されます。しかし、それまでの習慣を見直して、食事や運動に気を配ることがストレスとなり、 挫折を繰り返している人も多いでしょう。また、血糖値を下げる薬を処方されても「薬に頼った生活はしたくない」 と考える人もいるはずです。そんな人は、「テンペ菌発酵茶」を試してみてください。