菊芋(キクイモ)【高血糖対策・糖尿病予防に】

菊芋キクイモ)』は、水溶性食物繊維イヌリンを主成分とするキク科の植物です。 アメリカや日本では健康のために昔から食べられてきた食品で、 近年、菊芋(キクイモ)は、その優れた血糖降下作用が注目を浴びている食品です。 イヌリンは、腸内でオリゴ糖に分解され、ビフィズス菌など、乳酸菌の増殖を促す働きがあります。 キクイモエキスを摂った試験では、血糖値が続々下がり、最大220ミリも低下したという結果が出ています。 毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素を効率よく摂取できるサプリメントが菊芋(キクイモ)です。 健康維持を心がけている方、食事が不規則な方、食物繊維の不足を感じている方、などにお勧めします。


■「菊芋(キクイモ)」とは?

高血糖対策に有効な食品として注目されている

『菊芋(キクイモ)』は、イモという名前が付いていますが、正しくはキク科の植物で、 その植物の根茎がイモに似ているため、そう呼ばれるようになったといいます。 菊芋(キクイモ)は、もともとはアメリカインディアンが食べていた北米原産の植物で、17世紀初頭にヨーロッパへ伝えられました。 日本へは幕末から明治時代初期に飼料用作物として導入されて以来、国内では長野県を中心に各地で栽培され、 イモに似た根茎が漬物などの食用として使われています。 第二次世界大戦後の食糧難の時代には 菊芋(キクイモ)は作付け統制野菜になり、代用食として配給されたり、 家庭でも多く栽培されました。
近年、キクイモには、血糖降下作用があることがわかり、高血糖対策に有効な食品として注目されています。


■菊芋(キクイモ)の血糖降下作用

ヨーロッパでは薬に使われるほど

高血糖に対する菊芋(キクイモ)の効力は、主に「イヌリン」という成分によって発揮されます。 イヌリンは、果糖が約30個ほどつながった多糖類の一種ですが、一般には水溶性の食物繊維といったほうが わかりやすいかもしれません。ちなみに、ジャガイモやサツマイモの糖質はでんぷんが主体でイヌリンは含まれていません。 一方、菊芋(キクイモ)にはでんぷんが含まれていない代わりにイヌリンを豊富に含んでいるのが特徴です。

イヌリンは糖の仲間ですが、体内にはほとんど吸収されません。 代わりに菊芋(キクイモ)に含まれる「イヌラーゼ」という酵素によって、「フラクオリゴ糖」 に分解されます。フラクオリゴ糖は、カロリーが低い上に、腸内ではビフィズス菌などの善玉菌のエサになって 腸内環境を整えます。しかも、イヌリンは、別の糖の体内への吸収を抑える役割も持っています。 水溶性のイヌリンは、胃腸を通過するときに水分を吸収してゲル状になり、腸内の糖を絡め取って 体外へ排出してくれるのです。こうしたイヌリンの作用は、食後の血糖値の急上昇を防ぎ、 結果的にインスリンの過剰分泌を防ぐことにつながります。 糖尿病になると、膵臓は絶えずインスリンの分泌を強いられているため、膵臓が疲弊し、インスリンの分泌能力が 衰えてしまいます。その点、イヌリンの働きで糖の吸収が抑えられれば、膵臓の働きも復活し、 インスリンの分泌能力も回復します。

また、菊芋(キクイモ)には、β-カロテン、ビタミンB1・B2・B6、ビオチン、ビタミンCなどのビタミン類や 亜鉛、ナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラル類、各種の酵素やアミノ酸、抗酸化成分も含まれています。 こうしたさまざまな成分が相乗的に働いて、膵臓の働きを保護していると考えられます。 最近では、菊芋(キクイモ)についての科学的な研究も進んでいます。 欧米での試験によると、菊芋(キクイモ)の摂取は高血糖ばかりか、高血圧や動脈硬化、肥満、脳の老化にも効果を発揮する との報告もあり、特にヨーロッパでは薬にも使われるほどその効力は高く評価されています。


■菊芋(キクイモ)の効果試験

ヘモグロビンA1cは、最高で6%減った

糖尿病や高血糖に対する菊芋(キクイモ)の効果は、いくつかの試験で確かめられています。
肥満傾向にある38人を対象に菊芋(キクイモ)を約7ヶ月にわたって摂ってもらった試験では、 体重、腹囲、太ももの周囲、血圧、血糖値、ヘモグロビンA1c、血中コレステロール、中性脂肪とも かなり良好な改善効果が得られ、メタボリックシンドロームの予防や治療に役立つことがわかりました。
この試験のうち、血糖値についてみると、測定者数は34人で、菊芋(キクイモ)を摂った後は、摂る前と比べて 血糖値が平均38.5ミリ低下しており、最も顕著な効果が見られた人は224ミリも激減していました。 また、非常に下がりにくいといわれるヘモグロビンA1cも、33人を調べた結果、キクイモを摂った後は、 摂る前に比べて平均0.5%低下し、最も顕著な効果が見られた人は6%減っていました。

32歳の糖尿病の患者さんを対象にした試験では、薬物治療と併せて毎日菊芋(キクイモ)を摂ってもらい、 1ヵ月後にブドウ糖負荷試験が行われました。ブドウ糖負荷試験とは、空腹時にブドウ糖を与え、 血糖値の変化を調べる検査法のことです。健康な人は、ブドウ糖を投与してから約30分から1時間で血糖値が最高になり、 ほぼ2時間で元に戻ります。しかし、この患者さんの場合、菊芋(キクイモ)を摂る前は、食後約2時間が経過するまで 血糖値は上昇する一方でした。ところが、菊芋(キクイモ)を摂った1ヵ月半後には血糖値は正常になったうえ、 食後1時間後は下がり始めていました。そして、薬物治療を中止し、菊芋(キクイモ)を摂ることだけを治療の基本とした後も、 血糖値及びヘモグロビンA1cは正常値を保っていたといいます。

●ハンガリーでは、糖尿病患者が減少

欧州のハンガリーでは、かつて国民の半数以上が糖尿病を抱えているといわれていました。 そこで菊芋(キクイモ)の効能を探る研究が行われると共に、国をあげて菊芋(キクイモ)の栽培を励行したといいます。 そして、家庭でも菊芋(キクイモ)を毎日出すように奨励され、スープやサラダなどに調理されたものを食べて、 糖尿病の治療に役立てたそうです。
例えば、ハンガリー市民病院で行われたアンゲリ博士らの試験では、菊芋(キクイモ)を治療に用いたU型糖尿病 (生活習慣が原因で起こる糖尿病)の患者さんは、患者数が1/2から1/3まで減り、完治した例も見られたと報告されています。 しかも、これらの患者さんは血糖値だけでなく、中性脂肪値の低下、善玉コレステロールの増加、体脂肪の減少、 尿酸濃度の低下といった、健康体の維持に望ましい効果が多く確認されました。


■最後に

わが国では、糖尿病の患者数が激増し、医療費の負担が国の保険制度を破綻させかねないほど膨れ上がっています。 糖尿病対策は、日本人にとって最も切迫した健康問題の一つです。菊芋(キクイモ)は、日本人の健康を維持する上で 欠かせない食品になるのではないでしょうか。 菊芋(キクイモ)は自然の食品なので副作用もなく、安心して摂ることができます。 糖尿病の人も糖尿病予備軍の人も、ぜひ利用してみてください。 糖尿病や高血糖の予防・改善のために菊芋(キクイモ)を摂る場合、最近では菊芋(キクイモ)のイヌリンやビタミン類といった 有効成分を抽出した粒状のエキスが市販されているのでそれらを利用するのもいいでしょう。