桑の葉DNJのサプリメント【高血糖対策・糖尿病予防に】

糖尿病にやさしい注目のサプリメントとして『桑の葉』の人気が高まっています。 その有効成分は桑の葉だけに含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分です。 このDNJが、糖類をブドウ糖にまで分解し、そのブドウ糖を小腸から血管へと輸送する役目を担う 「アルファーグルコシダ−ゼ」という酵素の働きを阻害することで、 小腸からのブドウ糖の吸収を抑制して、血糖値の上昇を抑えて正常化にします。
(*本文は下の方にあります)


■桑の葉

DNJ&豊富な栄養素

古くから、「桑の葉」は中国では漢方薬として血液の流れを良くしたり、 せき止めや喘息、滋養強壮に良いといわれ、日本では民間療法として供されてきました。 桑の葉には、牛乳の約24倍のカルシウム、納豆の約15倍の鉄分が含まれており、 カルシウム以外にも、桑の葉には、ビタミン、亜鉛、カリウム、食物繊維などの成分も豊富に含まれています。

また近年、研究によって、桑の葉に『DNJ(デオキシノジリマイシン)』 という特殊な桑の葉特有の有用成分が含まれていることが発見されました。 桑の葉のみに含まれる成分DNJ「I-デオキシノジリマイシン」が 糖質を分解する酵素グルコシターゼの働きを阻害して、グルコースの吸収を阻止し、 血糖値の上昇を抑制すると言われており、大きな注目を集めています。

桑の葉は、昔、養蚕が盛んな地方では、体に良い素材として、お茶として使用されていたこともあり、 桑の葉の有用性が世間に広く知られるようになった現在では、お茶など桑の葉由来の食品が注目されつつあります。



●桑の葉DNJ

食後の急激な血糖値上昇を抑制する

『DNJ』とは、「デオキシノリジマイシン」といい、 近年、健康食品として注目を浴びている「桑の葉」に含まれている桑特有の成分です。 「DNJ」は、現在、桑の葉以外の植物に含まれていることは、確認されていません。 「DNJ」には、糖分解酵素(アルファ−グルコシターゼ)を阻害する作用があり、 「桑の葉DNJ」は、この糖分解酵素の働きを阻害し、ブドウ糖の吸収を抑えて、 血糖値の上昇を抑制するといわれています。

通常、小腸では、でんぷんや砂糖は、糖分解酵素によって、ブドウ糖に分解され、 分解されたブドウ糖は、小腸から体内に吸収されます。 小腸で吸収されなかった糖は桑の葉DNJにより大腸に運ばれ、 大腸内の細菌によって炭酸ガスなどの有機酸を生成します。 このような作用によって、桑の葉DNJは、便通を改善したりする効果も確認されています。

マウスを使った実験によると、桑の葉DNJには、体重抑制効果、血糖降下効果 などがあることが認められています。 蚕は桑の葉だけを食べて成長しますからDNJを含んでいますが、DNJ以外にも蚕は体内に様々な酵素を持っています。 蚕は、桑の葉の3倍もの濃縮されたDNJエキスを含み、アミノ酸も豊富に含んでいます。 通常、人が食事をすると、砂糖やデンプンは小腸内でα-グルコシダーゼによって単糖類に分解され、 体内に吸収されます。蚕を粉末化した「蚕粉末」は、α-グルコシダーゼの働きを阻害する作用があるため、 糖の吸収を抑え、食後の急激な血糖値上昇を抑制することができるとされています。

ということで、「桑の葉DNJ」は、ダイエットや糖尿が気になる方、食生活のバランスが気になる方、 生活習慣が気になる方、などにお奨めの健康成分です。



●桑の葉DNJが豊富な「蚕粉末」

血糖降下剤およびその製造方法として特許取得

「蚕粉末」とは、蚕を瞬間的に乾燥させ、粉砕し、細かく粉末化した食品です。 既に蚕粉末が一般的に用いられている中国や韓国、その他のアジア地域では、そのまま食べたり、 お茶に混ぜたり、お菓子や、麺類の生地に混ぜたり、と蚕粉末の摂り方も様々なようです。

韓国では、桑の葉DNJを食べて育った「蚕」は古来より滋養強壮、精力増強、美容に良いとされ、 人々に珍重されてきました。特に、糖尿病には蚕が良いということは、民間療法として広く知られてきました。 90年代に入って、韓国政府は、蚕が糖尿病に良いとされるメカニズムを解明する為のプロジェクトを発足させ、 蚕の効能に関する研究をスタートさせました。

その結果、、桑の葉を食べて育った「5齢3日の蚕」から製造された「蚕粉末」が、 糖尿病に優れた効果があることが証明され、1998年には、韓国政府によって、韓国、 日本などで「蚕粉末を有効成分として含む血糖降下剤およびその製造方法」として 特許が取得されています。(日本での特許番号:第2757937号)