高血糖と合併症から起きる危険な自覚症状

高血糖と合併症から起きる危険な自覚症状総まとめ。
(*本文は下の方にあります)


■慢性的な高血糖が引き起こす症状

@尿の量と回数が増える
昼夜を問わず、尿の量と回数が増えます。尿中のブドウ糖が増したことで、浸透圧の作用で体内の水分が尿として 排出されやすくなるためです。

A尿の臭いが甘ったるい
糖を多く含む尿からは甘ったるい匂いがして、色は淡いのが特徴。尿の泡立ちが増えることもあります。

B異常にのどが渇く
尿量が増えて脱水状態になることに伴って、必然的にのどの渇きが強くなります。 飲んでも飲んでも渇きが止まらない状態にまでなり、1日の水分摂取量は健康な人の5倍にもなるといわれています。

C食欲が旺盛になる
高血糖とはすなわち、体内でブドウ糖がエネルギーとして活用されていない状態です。 そのため、脳が足りないエネルギーを補わなくてはと判断して、食欲が旺盛になるのです。 特にこれまでさほど好きでもなかったのに甘いものが無性に食べたいと感じるようになったら要注意といえるでしょう。

D体重が急激に減少する
食事の量が増えてもエネルギーとして活用されず、ブドウ糖が尿中に排出されることもあって、 体が慢性的なエネルギー不足となって痩せていきます。ブドウ糖の代わりに、脂肪がエネルギーとして燃焼することも、 体重の減少に拍車をかけます。

E少し動くだけで体がだるい
やはり慢性的なエネルギー不足になっているために、ちょっと体を動かすだけでもぐったりと疲れてしまったり、 身の置き所のない倦怠感に襲われることもあります。


■糖尿病の合併症が引き起こす症状

高血糖によって、特に手足の末梢神経がダメージを受けるために、ビリビリ、チクチクといった知覚障害のしびれを感じるように なります。ひどくなると、痛みが熱も感じにくく、暖房器具で知らぬ間に火傷をしてしまうケースもあります。

@手足がしびれる
高血糖のために毛細血管の血流が詰まってしまうと、小さなやけどや擦り傷などの治りが長引いたり、おでき、口角炎なども できやすくなります。化膿しやすくなるという点も問題です。

A火傷や傷が治りにくい
眼底の毛細血管の血流が高血糖のために詰まると、物がぼやける、二重に見えるなどの視覚異常が生じます。 重大な合併症である糖尿病性網膜症は成人の失明原因の第1位です。

B虫歯・歯周病が悪化する
唾液に含まれる糖の量まで増えるために、虫歯や歯周病にかかりやすく、悪化することがよく見られます。 事実、糖尿病になってから歯が悪くなり、入れ歯をする患者さんは多くいます。

Cこむら返りがよく起きる
夜、寝ているときや激しい運動をした時などに、こむら返りが起きやすくなります。 これも高血糖が引き起こす神経障害の一つと考えられます。

D皮膚がかゆくなる
高血糖のために自律神経が侵されると、発汗機能が低下して皮膚が乾燥してかゆくなることがあります。

糖尿病が改善に向かうと、こうした症状が軽快して顔の色艶がよくなったり、目にも輝きが戻って、体に活力もあふれるように。 イライラすることが無くなったという人もいます。血糖値、ヘモグロビンA1cなもちろん、こうした体調面の回復を 自覚することができれば、糖尿病の合併症の危機から脱しつつあると自信を持ってよいでしょう。