糖尿病腎症の治療

糖尿病腎症の治療の3本柱は、「血糖コントロール、血圧コントロール、たんぱく質の摂取制限」です。 糖尿病腎症の予防にもやはり血糖管理が重要でヘモグロビンA1cの値を7.0%未満に保ちます。 腎臓の機能に大きく影響する血圧の管理も大切です。 通常の高血圧の治療よりもやや厳しく、上の血圧を130mmHg未満、下の血圧を80mmHg未満に下げることを目指します。 食事や運動などの生活習慣の改善をしっかりと行い、降圧薬を適切に使用して、糖尿病腎症の進行を少しでも防ぐようにしましょう。


■糖尿病腎症の治療

初期は、血糖コントロール及び血圧の管理が重要です。 中期から後期は、血糖管理よりもむしろ血圧の管理の方が重要になってきます。 また、後期になって透析を少しでも先送りしたい場合、食事のたんぱく質を減らすことが大切になってきます。 塩分摂取を控えること、たんぱく質の摂取量を減らすという食事療法が大事です。 薬では、降圧薬の中でも アンギオテンシン変換阻害薬、 アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬が有効とされています。

【透析療法】
血液透析と腹膜透析に分かれます。血液透析は人工腎臓を用いて血液をきれいにする方法です。 腹膜透析は、お腹の腹膜を利用して血液をろ過すする方法です。

■糖尿病腎症の進行を防ぐには

糖尿病腎症の発症や進行を防ぐには、次のようなことに気をつけましょう。


●血糖値は「HbAlc7%未満」を目標にする

HbAlcが7%未満の、糖尿病患者の糖尿病腎症の発症率を1とすると、7~9%未満の人は2.6に増加し、9%以上では4.2にまでなります。、 HbAlcを7%未満に保つことが大切です。


●血圧は130/80mmHgを目標に

収縮期血圧(最高血圧)が130mmHg未満の、糖尿病患者の糖尿病腎症の発症率を1とすると、 130~140mmHg未満では2.3、140mmHg以上では2.7にもなります。 130mmHg未満に保つことができている場合は、尿たんぱくが減ったり、糖尿病腎症の進行が止まるケースが多く見られます。
このように、血圧のコントロールは、糖尿病腎症の進行を防ぐための重要なポイントです。 収縮期血圧130mmHg、拡張期血圧80mmHg未満を目標にしましょう。 また、尿たんぱくが1日1g以上出ている人は、より低い125/75mmHgを目標とします。 ただ、糖尿病の人は血圧が上がりやすいため、血圧のコントロールが難しいこともあります。


●血圧を下げるには

血圧コントロールのためには、次のような点が重要です。

▼1日合計30分間の全身運動
よく体を動かすと、糖を消費しやすくなるほか、脂肪が燃えやすい体になり、肥満の解消に役立ちます。 また、運動することで、血圧も下がります。 「ウォーキング」などの全身運動を、1日に合計30分程度続けるとよいでしょう。 ただし、糖尿病腎症以外にも合併症が現れている可能性もあるので、事前に医師と相談してから、運動を始めてください。

▼食塩、たんぱく質の摂取を控える
食塩を摂り過ぎると、血圧が上がってしまいます。糖尿病腎症が進行した場合は、1日に摂る食塩の量は6g未満を目標にします。 さらに進行した場合、たんぱく質やカリウムの制限が必要になることもあります。 食事でたんぱく質を多く摂ると腎臓に負担がかかるため、 顕性糖尿病腎症期から控えめにしますが、 総摂取エネルギー量まで落としてしまわないように食事に工夫を加えます。
【関連項目】:『健康宅配食』

▼降圧薬の使用
薬をきちんと使って、血圧をコントロールします。 降圧薬のなかでも、 「ACE阻害薬」と「ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)」という薬は、全身の血圧を下げるだけでなく、 たんぱく質が尿中に漏れるのを防いだり、特に腎臓の糸球体の内圧を下げて腎臓を保護する作用があり、糖尿病腎症の治療に大変有効です。
なお、SGLT阻害薬は、腎臓に作用して血液中の過剰なブドウ糖を尿中に排泄させるほかに、糸状体の負担を軽減する効果も期待できます。 GLP-1受容体作動薬でも、糖尿病腎症の進行を抑える効果が報告されています。 そのため、糖尿病腎症の疑いがある場合は、これらの薬を使うことも検討されます。

▼禁煙、ストレス解消
喫煙すると、血管が収縮して血圧が上がります。 また、ストレスも血圧を上げる大きな要因です。 ストレスを溜めないよう、自分なりの解消法を見つけましょう。

糖尿病腎症の治療の3本柱は、「血糖コントロール、血圧コントロール、たんぱく質の摂取制限」です。 食事や運動などの生活習慣の改善をしっかりと行い、降圧薬を適切に使用して、 糖尿病腎症の進行を少しでも防ぐようにしましょう。