糖尿病の進行度@「合併症の予防」

糖尿病の進行度は6段階あります。
初期の段階では自覚症状がありませんが、糖尿病が進行するにしたがって合併症が現れてきます。
糖尿病を治療するうえでは、各段階に応じた対処法が必要です。
(*本文は下の方にあります)



■糖尿病の合併症

糖尿病は一言でいうと、何らかの原因により糖が体内でうまく消費されなくなって、血糖値が高くなる病気。 ところが、この病気の恐ろしさは、高い血糖値そのものにあるわけではありません。 糖尿病の怖い点は、血糖値の高い状態が長く続くと合併症を招くところにあります。 糖尿病の合併症は神経や腎臓・目に生じやすく、早期に適切な治療を行わなければ、重大な事態を引き起こしてしまうのです。 合併症の代表的なものに「糖尿病神経障害・糖尿病腎症・糖尿病網膜症」があります。 これらは糖尿病の三大合併症と呼ばれており、神経障害では患者さんの約7割、腎症と網膜症ではそれぞれ、約3割に起こっています。

三大合併症の中でも、最も警戒すべきなのが、腎症です。 腎臓には、血液から老廃物を取り除くフィルター役の「糸球体」という膜が100万個あります。 腎症になると、その膜が粗くなり、尿の中にアルブミンというたんぱく質が混じります。 進行すると尿中のアルブミン量は増えていき、末期になれば腎臓は機能を失い、腎臓の代わりに血液を浄化する治療法の 人工透析や腎臓移植が必要になります。 糖尿病による腎症は、5年後の生存率が60%以下と、極めて予後が悪いのが特徴。 そのため、合併症の治療の中でも腎症の対策が最も重視されます。 また、三大合併症は神経障害が真っ先に現れるものの、三つともほぼ並行して進行していきます。 しかし、腎症の状態をしっかりと把握することで、他の合併症の進行も食い止め、治すことが可能になるのです。 こうしたことを踏まえたうえで、糖尿病の有無と腎症の進行度合いにより、糖尿病の進行度は6段階に分類することができます。



●治療の主役は患者本人

糖尿病のステージについては、空腹時血糖値とブドウ糖負荷試験の結果のほか、「尿アルブミン値」「血清クレアチニン値」 という検査値の状態で決定されます。尿アルブミン値は、尿の中のアルブミンの量を測定した検査値です。 前述したように、糖尿病の影響によって腎臓の機能が低下すると、尿の中にアルブミンが漏れ出すようになります。 このアルブミン量は、腎臓の状態を見るために最も重要な検査値といえます。 血清クレアチニン値とは、血液中のクレアチニンの量を測定した検査値のことです。 クレアチニンは、筋肉に含まれるクレアチンリン酸という物質が肝臓で合成されてできる物質で、 通常であれば腎臓で濾過され尿の中に排泄されます。 ところが、腎臓の機能が正常時の50%以下に低下すると、尿の中に排泄されずに血液中に蓄積されるようになります。 そのため、尿アルブミン検査と同様に腎臓の状態を知るための有効な検査値とされています。

尿アルブミン検査も血清クレアチニン検査も、腎臓の機能の状態がわかるため、合併症の進行度を知ることができます。 糖尿病と診断されて治療を受けるようになったら、できるだけ早くこの検査を受けるようにしましょう。 ちなみに、この二つの検査では、尿アルブミン検査の方が、腎臓の機能の低下を初期の段階で知ることができます。 また、糖尿病の治療中には、尿検査、血液検査、悪玉(LDL)コレステロール検査、善玉(HDL)コレステロール検査、 中性脂肪値検査、肝機能検査を、月に1回は受けるようにしてください。 これは糖尿病の治療で使う薬の副作用や、他の病気の有無を調べるためです。

こうした検査を定期的に行うことで、糖尿病の患者さんの治療に対する関心が高まり、自分自身で糖尿病を改善しようと 思うようになります。糖尿病治療の主役は、あくまで患者さん本人。糖尿病から逃げ出さなければ、 誰でも治療に成功できるのです。