インクレチン関連薬

インクレチン関連薬は、インスリンとグルカゴンに作用して、血糖値を下げる薬です。
(*本文は下の方にあります)



■インクレチン関連薬

インクレチン関連薬は、膵臓のインスリン分泌を促進する作用のある薬です。 この点は従来から使われているスルホニル尿素薬などと同じですが、この薬には血糖値を上げる「グルカゴン」という ホルモンの分泌を抑える作用もあります。スルホニル尿素薬の場合は、常に膵臓を刺激してインスリン分泌を促進するため、 血糖値が下がり過ぎる「低血糖」を起こす場合があります。インクレチン関連薬は、食後などの血糖値が高いときにだけ インスリンの分泌を促すので、低血糖が起きにくいのが特徴です。また、インスリンを分泌させるときに、スルホニル尿素薬ほど 膵臓を疲れさせないと考えられています。 また、従来の飲み薬の多くは、体重が増えやすい副作用がありましたが、インクレチン関連薬には、体重が増えにくいという メリットがあります。インクレチン関連薬は次の2つに大別されます。

▼DDP-4阻害薬
飲み薬で、現在よく使われているインクレチン関連薬です。血糖値を下げる効果はGLP-1受容体作動薬の方が強力です。

▼GLP-1受容体作動薬
自分で注射する薬です。体重が増えにくい点はDPP-4阻害薬と共通していますが、GLP-1受容体作動薬は、食欲を抑える効果も 期待できます。

▼関連項目
『インクレチン関連薬』