糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法の目的は、血糖値を適正な状態に管理するとともに、体内の栄養素、 およびホルモンやミネラルのバランスを改善して合併症を防ぐことで、そのために、食事を適切に管理します。 基本的には、空腹時の血糖値は130mg/dl未満に保ち、食後2時間の血糖値は180mg/dl未満に保ちます。 HbA1cでは、6.9%(NGSP)未満に相当します。 自分の身体活動量に合った適正なエネルギー量でバランスの取れた食事を毎日家庭できちんと摂るには、 「食品交換表」を利用すると、食品の栄養やエネルギー量がよくわかります。
(*本文は下の方にあります)


■糖尿病の食事療法

●適正なエネルギー量を知る

自分の体質、仕事、日常の身体活動量に見合った、適正なエネルギー量を知り、 それにに合わせて食生活の見直しをします。一般的には「標準体重」と「身体活動量」から、 適正エネルギー量を求め、そのなかで各栄養素のバランスのとれた食事を摂ります。 計算式は以下のようになります。

身長(m)×身長(m)×22=標準体重
標準体重×身体活動量=1日の適正エネルギー量


配分は一般的には、糖質55〜60%、たんぱく質15〜20%、脂質20〜30%が適正と考えられています。 実際の食事療法は、医師や栄養士から指導を受けます。また、自分で計算する場合には 「食品交換表」を使います。食品交換表では、日常の食品を6つのグループに分け、80kcalを1単位 として適正摂取量を示しています。

高血糖以外の代謝異常や合併症がある場合には、その対策が必要です。 インスリン非依存型糖尿病ではしばしば「肥満」を伴っていますが、 肥満はインスリン抵抗性を高め、たくさんのインスリンを必要とする状態を引き起こすので、 エネルギー量と脂肪摂取量を制限して減量し、適正体重を維持することが必要です。 また、「高血圧」があれば塩分制限(一日6〜7グラム以下)が、 「高脂血症」があるときはコレステロール制限(300ミリグラム以下)が必要です。

糖尿病対策に欠かせない食事療法は、必ず医師の指導の下で行います。 その人に適正なエネルギー量などが指示されますので、それに従った食事をするようにしてください。



●低血糖に注意

食事の摂り方などに注意して、重い低血糖を防ぐ

治療中には「低血糖」にも注意する必要があります。 最近、アメリカの臨床研究では、目標値をかなり低く設定し、短期間でHbA1cを下げた場合は、 大血管障害の発症は抑制できず、死亡率は上がったという結果が出ました。 この臨床研究では短期間で厳格な管理を行ったため、「重篤な低血糖」が起こったことが報告されています。 その影響で心筋梗塞などが起こったとみられています。
重い低血糖を起こさないためには食事を抜いたり、遅らせたりしないことが大切です。 スポーツなどでふだんより体を動かすときは血糖値が下がりやすいので、体を動かす途中でビスケットなどの軽食を摂るようにします。 糖尿病の治療薬には低血糖を起こしやすいものもあるので、量やタイミングを守って使いましょう。 低血糖を起こすと、「空腹感が強くなる」「冷や汗が出る」「手や指が震える」などの症状が現れます。 そうした症状が現れたら、直ちにブドウ糖や砂糖を含む食品を摂ってください。 また、予防対策についても担当医に相談してください。



●日内変動を小さくする

自分の血糖値を把握して、1日の変動を小さくする

1日の血糖値の変動を現す「日内変動」を小さくすることも大切です。 健康な人の1日の血糖値は、食後に少し高くなる程度で、それほど大きな変動はありません。 健康な人では、低いときの血糖値は70〜80mg/dl、高くても140mg/dl程度と比較的低い範囲で変動しています。 しかし、糖尿病の患者さんはさまざまな治療を受けていても、血糖値が起床前に低下しすぎたり、 食後に過剰に高くなるなど日内変動が大きくなることがあります。 日内変動が大きくなると、合併症のリスクが高くなるため、注意が必要です。 血糖値の日内変動を知るためには、自分で血糖値を測定する必要があります。
測定する器具には様々なタイプがあります。 多くは、消毒した指先から専用の器具で血液を出し、それを測定器に当てると、血糖値が表示されます。 糖尿病では、気付かないうちに高血糖や低血糖になっていることもあるので、 食事の前後や起床時など、こまめに血糖値を測るとよいでしょう。 最近は、「持続血糖モニター」も特定の医療機関で使われています。