糖尿病の食事療法「活性酸素対策・ストレス対策」

糖尿病になると、活性酸素を発生しやすくなり、 血管や細胞を傷つけることが心配されるので『活性酸素対策』が必要になります。 また、過剰なストレスは、自律神経を刺激してインスリンの分泌を抑制したり、 血糖値を上げるホルモンを分泌させたりするので『ストレス対策』も必要になります。
(*本文は下の方にあります)



■糖尿病の食事療法「活性酸素対策・ストレス対策」

●活性酸素対策

「活性酸素」は、体内に侵入した細菌を攻撃するなど、体に有用な働きがあります。 しかし、活性酸素が過剰になると、体の細胞自体を攻撃してしまうことがあります。 過剰な活性酸素が生まれる原因はいくつかあり、血糖の増加もその一つと考えられています。 糖尿病になると、活性酸素を発生しやすくなり、血管や細胞を傷つけることが心配されます。 また、インスリンを生産する膵臓は、活性酸素によってダメージを受けやすいといわれています。 そこで、糖尿病対策として、活性酸素から体を守ることが考えられるようになってきました。 「水素水」によって活性酸素を還元し、除去する方法もその一つです。

【関連サイト】
  『活性水素水』



●ストレス対策

「ストレス」はいろいろな病気の発症に関係しているといわれますが、 糖尿病にも悪い影響を与えると考えられます。 過剰なストレスは、自律神経を刺激してインスリンの分泌を抑制したり、 血糖値を上げるホルモンを分泌させたりします。
神経システムに働きかけ、精神を安定させたり、血圧を下げる作用があるとされる栄養素に、 アミノ酸の一種である「ギャバ(GABA)」があります。ギャバを多く含む食品に、 「発芽玄米」や特殊な製法で作られるギャバ米などがあります。

【関連サイト】
  『ストレス解消』
  『発芽玄米』