糖尿病「自分に合った目標値を目指す治療」@

糖尿病』は、全身に様々な合併症を引き起こします。 合併症を防ぐためにも、糖尿病についてよく知ることが大切です。
(*本文は下の方にあります)



■自分に合った目標値を目指す治療

●糖尿病

インスリンの作用が低下し、ブドウ糖が血液中に増加する

糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が非常に高い状態になる病気です。 ブドウ糖は食事から体の中に取り込まれ、血流によって全身に運ばれます。ブドウ糖は筋肉などでエネルギー源として使われて、 余分なブドウ糖は肝臓などに貯蔵されます。この時、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンが全身に 作用しています。ブドウ糖は、インスリンが作用することによって筋肉や肝臓に取り込まれますが、糖尿病があると インスリンが十分に作用しないので、ブドウ糖は筋肉や肝臓に取り込まれません。 そのため、血液中のブドウ糖の量が常に多くなってしまいます。

◆インスリンの作用が低下する原因

インスリンが十分に作用しなくなる主な原因には、次の2つがあります。

▼インスリン分泌量の低下
膵臓から分泌されるインスリンの量が少なくなります。遺伝的な体質が関係しており、日本人はこの体質を持つ人が多いと いわれています。

▼インスリン抵抗性
インスリンは十分分泌されていても、筋肉や肝臓で十分に作用しなくなることを「インスリン抵抗性」といいます。 原因は肥満で、「内臓脂肪」が蓄積すると、脂肪細胞からインスリンの働きを悪くする物質が多く分泌されるためだ と考えられています。欧米人に多いタイプですが、最近は日本人にも増えていることがわかってきました。

糖尿病の多くは、この2つの原因が重なって起こると考えられています。



●糖尿病のリスク

治療を受けずにいると、合併症を起こす危険性がある

糖尿病が強く疑われる人は、1997年には約690万人でしたが、2011年は約920万人と増え続けています。 その背景には、脂質の摂取量の増加や肥満の増加、運動不足などがあります。 さらに問題なのは、4割近くの人がほとんど治療を受けていないことです。 治療を受けずに糖尿病を放置していると、血液中のブドウ糖によって全身の血管が傷つけられて、さまざまな合併症が 引き起こされます。糖尿病の合併症には、大きく分けて全身の細かい血管に起こるものと、太い血管に起こるものがあります。

◆細い血管に起こる合併症

「網膜症」「腎症」「神経障害」などがあります。網膜症は、目の奥の「網膜」の細い血管が詰まったり、出血したり します。腎症は、細い血管の塊である腎臓の「糸球体」が障害されます。神経障害は、末梢の血管が傷つくのに伴って、 足先などの神経にしびれや痛みが起こります。足先にできた小さな傷が悪化(壊疽)して、足先を切断するケースもあります。

◆太い血管に起こる合併症

糖尿病は、「高血圧」や「コレステロール値の異常」と同じく、動脈硬化を進行させます。そのため、健康な人に比べて 「脳梗塞」は2倍、「心筋梗塞」や「狭心症」は2〜4倍起こりやすくなります。目や腎臓の合併症は動脈硬化の原因になることも 忘れないようにしましょう。



前ページ | 次ページ