Hb1c6%未満を目指す糖尿病治療

糖尿病」の初期で血糖値もあまり高くない若い人なら、HbA1c6.0%未満を目標に、 「食事療法」「運動療法」に取り組みます。


■治療への第一歩

食べ過ぎや運動不足を改善し、血糖コントロールを良好にする

糖尿病の発症には、食べ過ぎや不規則な食事、運動不足、肥満、体質などが関係しています。 特に膵臓のインスリン分泌の生まれつき低い人は、血糖値が上がりやすく、ほんの少し体重が増えただけでも血糖値が高くなります。 そのため、軽い肥満の人や肥満のない人でも、糖尿病になることがよくあります。 また、生命活動を維持するのに必要な最低限のエネルギー量である「基礎代謝」は、40歳頃を境に低下してきます。 高齢になっても若いときと同じように食事を摂っていると、簡単に体重が増加します。 糖尿病の発症にはこうした背景もあります。 糖尿病を発症したばかりで血糖値があまり高くない人の場合は、薬を使わずに生活習慣の改善だけで、HbA1c6.0%未満を目指すこと が十分可能です。糖尿病の合併症の多くは7.0%未満で予防することができますが、6.0%未満ならより確実に防ぐことができます。 食事療法と運動療法をしっかり守れば、6ヶ月ほどで6.0%未満を達成できるでしょう。


■生活習慣の改善@食事療法

適正な摂取エネルギー量を守り、食事のタイミングなどにも注意

糖尿病の食事療法の基本は大きく分けて次の3つです。

▼適正な摂取エネルギー量
1日の摂取エネルギー量は、男性が1400〜1800kcal、女性は1200〜1600kcalが目安です。 これは日本人の平均的な食事よりもかなり減らした量になります。ただし、体格や活動量などによって適正な量が変わるので、 受診した時に管理栄養士などに相談するとよいでしょう。

▼栄養バランスのとれた食事
三大栄養素のバランスは、全体の50〜60%を、ご飯やパンなどの「炭水化物」から摂ります。 残りをタンパク質と脂質から約半分ずつ摂取しますが、実際には脂質の摂り過ぎが問題となっています。

▼食物繊維の摂取
食物繊維はブドウ糖が吸収されるのを遅らせて、血糖値を上げにくくします。

その他にも、次の2つのポイントを押さえておきましょう。


■生活習慣の改善A運動療法

有酸素運動と筋力トレーニングを日常生活の中に取り込む

糖尿病の運動療法には、「速歩」やゆっくり走る「スロージョギング」「水泳」などの有酸素運動が最も適しているとされています。 有酸素運動に、筋肉を鍛える運動を加えるとより効果的です。速歩はややきつめの速さで行います。 15〜30分を目安に1日2回、歩数にして1万歩をめざし週に3日以上、できれば毎日行います。 食後の血糖値は1時間〜1時間半でピークに達するといわれますから、食事の開始から1〜2時間後に運動を始めると効果的です。

●忙しくて運動する時間が取れない場合

運動する時間がなかなか取れない場合は、生活の中で体を動かす機会を増やします。 例えば、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用したり、可能であれば通勤電車を一駅手前で降りて歩くなどの工夫をするとよいでしょう。