Hb1c7%未満、合併症を防ぐ治療

HbA1c7%未満は、血糖コントロールの目標値の基本です。 7.0%未満に下げるためには、薬物療法も積極的に行います。


■糖尿病の薬物療法

生活習慣の改善と併せることで、合併症の発症や進行を防ぐ

血糖コントロールの目標値は3つに分けられていますが、なかでもHbA1c7.0%未満は基本となる値です。 7.0%未満の状態を維持できれば、主な合併症の発症や進行を抑えることが期待できます。 HbA1cを7.0%未満に維持するためには、食事や運動などの生活習慣の改善以外に薬物療法も行われます。 糖尿病の薬は、従来からある飲み薬と新しく登場した「インクレチン関連薬」、「インスリン製剤」の3つに分けられます。


■治療薬@従来の飲み薬

インスリンの分泌を促したり、抵抗性を改善したりする

従来からある飲み薬は、作用の仕方によって3種類に分類されます。

▼インスリン分泌を促進する薬
日本以外では、最もよく使われてきた薬で、膵臓を直接刺激して、インスリン分泌をよくします。 「スルホニル尿素薬」と「グリニド薬」があります。

▼インスリン抵抗性を改善する薬
筋肉や膵臓でのインスリンの働きをよくする薬で「チアゾリジン薬」と「ビグアナイド薬」があります。 肥満があり、インスリンの働きの悪い人に向いています。

▼ブドウ糖の吸収を遅らせる薬
食べ物に含まれるブドウ糖が小腸から吸収されるのを遅らせて、食後の血糖値が急上昇するのを抑える薬で、 「α−グルコシダーゼ阻害薬」があります。

▼関連項目
『糖尿病の薬物療法』