糖尿病の治療

糖尿病の治療の目的は、血糖を正常に近い状態にコントロールし、
糖尿病の終末像である「合併症を予防する」ことです。
合併症を防ぐためには、血糖を適正な状態に保ち、早期から積極的に血糖値を下げることが大切です。
また、重い低血糖や日内変動に注意することも重要です。
近年、「インスリン製剤」を使った薬物療法では、より効果的に血糖をコントロールする方法が、行われるようになってきました。
(*本文は下の方にあります)


■糖尿病の治療の目的

「糖尿病の治療」の目的は、インスリン不足あるいはインスリン抵抗性を是正して、 血糖を正常に近い状態にコントロールし、糖尿病の終末像である「合併症を予防する」ことです。 糖尿病の治療の柱は、食事療法、運動療法、薬物療法(経口血糖降下薬、インスリン)になります。

血糖値が少し高めの「糖尿病予備軍」や初期の糖尿病の治療は、食事療法と運動療法から始めます。 それで十分な効果が得られない場合は飲み薬を加え、それでも不十分ならインスリン製剤を用います。 どの段階でも、食事療法と運動療法による生活習慣の改善が治療の基本です。

生活改善と薬で、血糖と血圧、脂質を、通常の基準で管理した”従来療法グループ”と、 より厳格にした”強化療法グループ”で、「脳卒中や心筋梗塞」の発症率を調べたろころ、 約8年間の追跡調査で、強化療法グループの発症率が従来療法グループに比べて約53%減少した、というデータがあります。
薬物療法を行う場合でも、生活習慣がきちんと改善されていないと十分な効果が得られないのです。 自分の生活習慣を自覚して改善するためには、食事や運動の記録をつける方法が有効です。



●治療で目指す目標値

一人一人に合ったHbA1cの目標値が用いられる

治療で目指す目標値には、HbA1cが用いられます。HbA1cは、血液中のブドウ糖と赤血球の成分である「ヘモグロビン」 というたんぱく質が結びついたものです。過去1〜2ヶ月の血糖値の平均を反映するので、治療の成果や血糖コントロールの状態を 知る指標として使われます。従来は、年齢や病状に関わらず同じ目標値を設定していました。 しかし、病状にそぐわない場合があることから、日本糖尿病学会は2013年に目標値をわかりやすく次の3つに整理しました。

▼HbA1c6.0%未満
健康な人と変わらない値で、血糖の正常化を目指します。
▼HbA1c7.0%未満
糖尿病によるおもな合併症を防ぐのが目標です。
▼HbA1c8.0%未満
血糖コントロールが悪く、慢性の合併症が進んだ重症で治療強化の難しい場合は、いきなり6.0%や7.0%ではなく、 まず、8.0%未満を目指します。基本になるのは7.0%未満ですが、一人一人の患者さんの年齢や糖尿病を発症してからの期間、 活動量などに応じて目標値を決めていきます。

●血糖値の日内変動にも要注意

1日の中での血糖値の変動にも注意が必要です。HbA1cが良好でも、血糖値の日内変動が大きいほど動脈硬化が進みやすく、 心筋梗塞や脳梗塞などを発症する危険性が高いことがわかってきました。 血糖値の日内変動を調べるためには、「自己血糖測定器」を使って自分で血糖値を測ることが必要です。 一般に、血糖値は食後1時間〜1時間30分でピークに達するとされているので、食事開始から1時間〜1時間30分後に測ります。
糖尿病の合併症のうち、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞を予防するためには、血糖コントロールと併せて、 血圧やコレステロールの値をより厳格に下げることが大切です。肥満があれば解消し、喫煙している場合は禁煙しましょう。