糖尿病予備軍(境界型糖尿病)

「糖尿病」のある人と健康な人の間の血糖値である「境界型」。 血糖値が少し高めの「境界型糖尿病」は「糖尿病予備軍」ともいわれ、 糖尿病発症の危険性が高い状態です。 ”まだ糖尿病ではない”と安心するのではなく、糖尿病を予防するための対策をとらなければなりません。 糖尿病予備軍なのかどうかを知るには、血糖値を調べる検査を受ける必要があります。 検査の結果、もし、「境界型」と判定されたら、生活習慣の見直しを行う必要があります。 血糖値が少し高い程度でも、肥満や脂質異常症、高血圧などが重なっていると、血管の障害が進行し、 動脈硬化が早く進むことがわかっています。
(*本文は下の方にあります)



■糖尿病予備軍

●「糖尿病予備軍(境界型糖尿病)」とは?

約10年後にはおよそ半数の人が糖尿病を発症する

現在、日本では、中高年の約12%が糖尿病を発症していると推定されています。 さらに、糖尿病ではないものの、発症の危険性が高い「糖尿病予備軍」の人は、約21%にも及ぶといわれています。 糖尿病にはいくつかの種類がありますが、このうち生活習慣が大きく関係する「2型糖尿病」は 40歳代はじめに発症する人が最も多く、中高年に注意が必要な病気と思われています。 しかし、糖尿病予備軍の状態は、糖尿病を発症する5〜10年前から始まると考えられていますから、 実際には、比較的若い30歳代から注意が必要なのです。

糖尿病になる前には「境界型」といわれる段階があり、この段階を一般に「糖尿病予備軍」と呼んでいます。 糖尿病予備軍(境界型)といわれる人のうち、どのくらいの人が糖尿病を発症するかというと、 ”約10年後にはおよそ半数の人が糖尿病を発症する”という研究データがあります。 血糖値が正常な人が10年後に糖尿病を発症する確率は約16%ですから、 その3倍以上の確率で糖尿病を発症しているわけです。また、これまでは正常型とみなされていた人たちの中にも、 糖尿病予備軍がいることがわかってきました。「ブドウ糖負荷試験」で1時間後の血糖値が 180mg/dl以上へ上昇した人は、たとえその後の値が正常でも、10年間で約31%が糖尿病になることが明らかになりました。


●糖尿病予備軍の判定

2つの検査から判定される

糖尿病は、初期には自覚症状がほとんどありません。 さらに程度の軽い糖尿病予備軍の段階では、自分で異常に気づくことはまずないといってよいでしょう。 糖尿病予備軍を発見するには、自覚症状がなくても検査を受けることが重要です。

糖尿病や糖尿病予備軍の判定には、「空腹時血糖値検査」「ブドウ糖負荷試験」の2つの検査が行われます。 どちらも、血液中のブドウ糖(血糖)の濃度(血糖値)を調べます。 空腹時血糖値検査は、検査前日から10時間以上絶食し、空腹時の血糖値を調べる検査です。 ブドウ糖負荷試験では、検査前日から10時間以上絶食し、75gのブドウ糖を溶かした液体を飲み、 食後と同様の状態にしてから血糖値の変化を調べます。 空腹時血糖値が110mg/dl未満、かつブドウ糖負荷2時間後の血糖値が140mg/dl未満であれば「正常型」で、 空腹時血糖値が126mg/dl以上、あるいはブドウ糖負荷2時間後の血糖値が200mg/dl以上であれば「糖尿病型」 とされます。そして、そのどちらにも当てはまらないのが「境界型」、いわゆる「糖尿病予備軍」です (糖尿病の検査・診断)。 ただし、通常の検査で調べるのは空腹時血糖値なので、食後だけ血糖値が高い人は見逃される可能性があります (隠れ糖尿病)。

境界型の診断基準は、上記のように空腹時血糖値が110mg/dl以上ですが、しかし、それ未満であっても 100mg/dl〜109mg/dlの人は100mg/dl未満の人より、糖尿病に移行する確率が高いことがわかっています。 そのため、糖尿病学会では100〜109mg/dlを「正常高値」とし、糖尿病への移行を防ぐための生活習慣の改善が大切だとして、 注意を促しています。 また、”メタボ健診”とも呼ばれる「特定健康診査」では、この値が採用されています。



●糖尿病に進行しやすい人

遺伝的体質、よくない生活習慣、内臓脂肪型肥満が発症を促す

糖尿病予備軍の中でも、糖尿病に進行しやすい要素がいくつかあります。

▼遺伝的体質
まず、家族に糖尿病の患者がいるなど、糖尿病になりやすい遺伝的体質を持っていることが上げられます。 よく「糖尿病は生活習慣病」といわれますが、その発症には生まれつきの体質も深くかかわっていると考えられ、 実際には、生活習慣だけの問題ではなく、糖尿病になりやすい遺伝子を持つ人が、 過食や運動不足といった生活を送ることで、非常に発症しやすくなるということです。 日本人にはこの遺伝子を持っている人が多く、糖尿病予備軍の人は、そういった人たちであると考えられます。 つまり、糖尿病予備軍の人の糖尿病予防とは、”糖尿病になりやすい遺伝子を持った人たち” の糖尿病予防ともいえます。また、糖尿病の発症のしやすさには、人種間で差もあります。 欧米人の糖尿病の患者には高度の肥満の人が多いのですが、 アジア人はそれほど太っていなくても、糖尿病になる傾向があります。

▼よくない生活習慣
食べ過ぎや運動不足などのよくない生活習慣は、糖尿病発症の危険性を高めます。

▼内臓脂肪型肥満
太っている人、特に腹部の内臓の周囲に脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」の人は要注意です。 内臓脂肪が多いと、「インスリン抵抗性」といって、ブドウ糖をエネルギーに変える「インスリン」 というホルモンの効きが悪くなり、糖がエネルギーとして使われず、血液中に溜まってしまうのです。 糖尿病予備軍から抜け出すためには、まず、お腹に溜まった内臓脂肪を減らすことが不可欠です。 また、内臓脂肪型肥満は、「メタボリックシンドローム」と深く関係しています。

●メタボリックシンドローム

糖尿病予備軍の人は当てはまることが多いので要注意

「メタボリックシンドローム」とは、 内臓脂肪型肥満で、かつ、脂質異常、高血圧、高血糖の3つのうち2つ以上当てはまる状態です。 高血糖の基準値は、空腹時血糖値が110mg/dl以上で、糖尿病予備軍の判定基準と同じです。 つまり、糖尿病予備軍で内臓脂肪型肥満のある人は、メタボリックシンドロームである可能性がかなり高いと考えられます。 メタボリックシンドロームが危険なのは、それぞれの異常の程度は軽くても、いくつか併せ持つことで、 「心筋梗塞」や「脳梗塞」といった病気の原因になる「動脈硬化」を進行させたり、生活習慣病の発生につながったり しやすい状態である点です。特に内臓脂肪が多いと、インスリン抵抗性が生じやすく、血糖値が上がりやすくなって、 糖尿病に進行する可能性が高くなります。


●糖尿病発症予防のための健診制度

血糖値は特に基準が厳しい

メタボリックシンドロームの人やなりやすい人を発見し、生活習慣病などの発症を予防するための 「特定健康診査・特定保健指導」が2008年4月から始まりました。40〜74歳の公的医療保険加入者が対象で、 内臓脂肪型肥満の有無を腹囲で判定し、血中脂質、血圧、血糖値などからメタボリックシンドロームの有無を調べます。 血糖に関しては、空腹時血糖値が100mg/dl以上または、過去1〜2ヶ月間の血糖の状態がわかる「HbAlc」が 5.2%以上の場合に特定保健指導の対象となります。 さらに、食事や運動、喫煙などの生活習慣病の発症リスクが高いと考えられる場合は、その程度に合わせて 特定保健指導が行われます。必要に応じて、ブドウ糖負荷試験などの詳しい検査も行います。 特定健康診査に限らず、企業や地域でも健康診断など、糖尿病や糖尿病予備軍を発見する機会はたくさんあります。 こうした検査をきちんと受けて、血糖値に気を配っておくことが大切です。


●その他